サピックス 2020年6年生 3月実力テスト 算数現時点で取るべき点数

どうもオワコン父さんです。

いや〜、コロナショックのおかげで学校も早々に休みになり、勉強はしているもののなかなかペースがつかめない状況が続いていた中、土曜特訓明けで実力テストだったわけですが、皆さまはいかがでしたでしょうか。

問題を見てみると、6年生最初の実力テストということもあり、これまでと比べるとやや難化しているかなと感じました。(と言っても第一ブロック組は、サラサラっと解いちゃうのでしょうが。)

各方面の予想を見ると平均点は、4教科合計で270点前後。偏差値60水準が330点前後とのこと。

まぁそのくらいでしょうね。

このテストだと、上位校を狙う場合は、現時点で正直360点くらいいかないとまずいなぁと思う次第です。

イメージとしては、算数110点、国語110店、理科75点、社会65点

これで、中規模(アルファクラス3クラス編成校)では、アルファ2の下位かアルファ3の上位に十分食いこめるレベルです。(偏差値でいうと63前後)

 

復習する際には、ぜひ上記を目線に確保すべき問題を落としていないかという観点で見直して見るといいと思います。

ちなみに、算数は、下記のようなイメージです。

1、2、3 全問正解(ここまで86点)

4、5、6は、テキストでいうと星3のレベルです。

できれば、4(1)、5(1)(2)、6(1)、7(1)

これだけできれば、21点で合計107点です。

ミスが一問あったとしても、100点を切ってしまうと黄色信号です。

4、5、6のどれかを完答すれば120点超でミス1−2問で110点というレベルです。

同じ110点レベルでも、点の取り方やミスの状況などをしっかり分析して対策を立てましょう。

ちなみに、7以外はテキストの問題の類似問題です。

1〜6までは、テストの見直しとともに、春休み中に理解不足であれば、周辺の問題も含めて見直ししましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。