コロナで一変した世界 就職市場も一変?

どうもオワコン父さんです。

新型コロナウイルスが世界に波及しており、先が全く見えない状況が続いております。特に金融市場は、大暴落しており、2008年のリーマンショック以上の影響になりそうな状況になっております。

当然にして、就職マーケットの冷え込みが容易に想像できるのですが、特に、ここ3年相当盛り上がっていたベンチャーは相当厳しくなり、資金繰りに窮して破綻や買収される企業が増加することはほぼ確実です。

今後、労働として厳しくなる独断ランキング

1.ベンチャー(特に、未上場で売上成長しているが利益が大きくマイナス)

2.フリーランス(企業投資が冷え込むと新規事業投資や開発投資が抑制され、外注する仕事が減少します)

3.コンサル(とりあえず、仕事が多くて人員増強フェーズは終わるでしょう。そういう意味では本当に優秀な人だけが残るんでしょうね)

4.外銀(金融は決算悪化により、ユニット単位でリストラをします)

5.その他金融(M&A /不動産)(統計的に信用収縮が起きるとM&A件数は大幅に減少します)

きっと、今年のボーナスは期待できないな。。。

それなりに、長く景気上昇が続いたので、リセッションとなると見えている景色が一変します。

自身を守り、成長していくためには、スキルも重要ですが、ステージも重要ですので、このコロナ影響

による環境変化がどのような世界になるのかを想像しながらステージ選びをしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。